【僕らは奇跡でできている】相河一輝がタコを嫌いな理由とは!?

「僕らは奇跡でできている」の6話で
気になったのは”タコ”について!

【相河は”タコ”が嫌い】

どら子
この理由とはなんぞや?
ということで、その理由を考えていきたいと思います!
スポンサードリンク

【僕らは奇跡でできている】相河一輝がタコを嫌いなシーンは1話と3話にも!!

「僕らは奇跡でできている」6話にて
熊野事務長がお土産に持ってきた
たこのせんべい

それを見た瞬間に
相河は明らかに嫌な顔をし
鮫島先生は頭を痛そうにしながら
「相川先生、タコ食べないんだよ」と言い
山田さんは、ソワソワソワソワ…

タコ好きの沼袋先生に
全部丸ごと差し上げる
という意味深なシーンがありました。

山田さんの動揺ぶりは
「え!?」と思わせるほどのものでした。

ツイッターでも…

と。
気になった方は多かったみたいですね~。

でも
”相河はタコが嫌い”
というのは、今回初めての情報ではないんです。

実は1話では

スーパーにて山田さんが
店員さんにタコをおススメされる
というシーンがありました。

しかし
「お姉さんはイカにしまーす」
と断るのです。

おススメされたら
乗っかりそうな山田さんが
タコを買わなかったんです!!

そして、
3話では鮫島先生・樫野木先生・育実で
ご飯食べに行ったときに
タコのから揚げがテーブルに運ばれ
相河は「見るのも嫌!」という感じに
目をすぐに逸らしたんです。

3話で相河の”タコ嫌い”は
情報としてはありましたが、
全然気にしていませんでした。

しかし、6話でのあの
山田さんの慌てっぷりは

”何かある”

そう感じさせました。

スポンサードリンク

【僕らは奇跡でできている】相河一輝がタコを嫌いな理由とは!?

で、気になるのは
相河がタコを嫌いな理由です。

相河本人は
「記憶がある限りタコを
食べたことはありません。」

「理由は分かりませんが
タコを見ると嫌な感じがします。」

と話します。

この感じから予想すると…
やっぱり両親が亡くなったこと
関係があるのではないか?

という推察が一番自然です。

エピソードとしては…

1.両親とタコを獲りに行ったら事故にあった
2.両親が獲ったタコで喉を詰まらせたことがある
3.実は相河は両親が嫌いで、その両親はタコ専門の学者だった

などなど…。
そんな感じでしょうか?

3つとりあえず
書いてはみたものの…

ツイッターでは1つ目を予想する人が
多いですね~。

さて、答えはいかに!?

追記

8話にて相河がタコを嫌いな理由が
明らかになりました!

答えは
まるごとのタコが見たい!
と言って母親(山田さん)
と出かけたっきり
”母親が帰ってこなくなったから”
でした。

「ぼくが丸ごとのタコを食べたい
と言ったから山田さんがいなくなった
と思って食べられなくなったんです。

それから僕にとってタコは
嫌な事の象徴でした。」

「でも僕にとってタコは
嫌なことの象徴じゃなくて
大好きの象徴だったんです。

タコが食べられなくなるほど
あのころの僕も
山田さんを大好きだった
ということですから。」

と相河なりに分析して
答えを言ってくれました。

なるほど。。
母親が失踪した理由は
”自分のせい”だと
子供ながらに考えたんですね。

今回8話はかなり感動の回でした。
山田さんが相河の育児に疲れ
どうしようもなくなってしまったと。

その過去を知りながら
7話を見るとまた違った視点で
見られますね~。

【僕らは奇跡でできている】相河一輝がタコを嫌いな理由のまとめ!

「僕らは奇跡でできている」6話で
急に気になったワード”タコ”

なぜ相河はタコが嫌いなのか?

それは
”母親が失踪したキッカケだった”
ということでした。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサードリンク